ショーシャンクの空に

『ショーシャンクの空』は、鳥肌が立つぐらい感動するシーンが何箇所もあり、本当にオススメの、ぜひみなさんに観て欲しい作品の1つです。

あらすじ

若くして銀行副頭取を務めるアンディ(ティム・ロビンス)は、妻とその愛人を殺したという無実の罪で終身刑になり、ショーシャンク刑務所に投獄されてしまいます。刑務所では暴力が横行しており、アンディは戸惑い、気を落としますが、外部からタバコなどの物資を調達する同じく終身刑のレッド(モーガン・フリーマン)と知り合ったことで、二人は交流を深めていき、アンディは気を取り直していきます。やがてやり手の彼は、次第に刑務所仲間からも刑務官たちからも一目置かれる存在になっていきますが、20年の月日が流れたのち、冤罪を晴らす重要な証拠をつかむことになりますが・・・

長年多くの映画ファンに支持されている無冠の名作

『ショーシャンクの空に』は人間感情の描写が美しいです。94年度のアカデミー賞では作品賞を含む7部門でノミネートされたものの無冠に終わってしまいましたが、映画ファンに語り継がれる名作として、伝説的な作品です。